FMADIO

Cost Effective Packet Capture

100Gフルパケットキャプチャ製品がInterop Tokyo 2016 Best of Show Awardを受賞

fmadioのパケットキャプチャシステムは、100G、80G、40G、20Gのパケットキャプチャのために設計されています。 超低価格ながら最高のパフォーマンスを達成するため、最適化されたカスタマイズハードウェア及びソフトウェアを駆使してデザインされています。 私達のミッションはとてもシンプルで、キャプチャデータ(PCAP)に対して、100%の正確性を持つパケットキャプチャを提供することにあります。

・市場に出回る汎用部品だけで、従来製品価格の1/4を実現

100%のパケットキャプチャ、パケットロスなし

・マイクロバースト機能で、低遅延を計測可能

・ネットワークモニタリング、超高頻度取引(HFT)、サイバーセキュリティなど幅広い用途

・キャプチャストレージ:16TB〜320TB

・日本語及び英語対応、シンプルな操作

・開発製造及び保守は日本国内


GleanPackets

Evolve packet analysis

 

PCAPファイルのパケットを解析し、情報をCSV形式でまとめて出力することができます。汎用的なCSV形式データは、表計算ソフトやDBで、簡単にグラフ化や統計処理が可能です。


PCAPリプレイツール
再現試験などに最適なツールです。TCP/UDP上位プロトコルのコールフローを自由に編集して、リプレイ用PCAPファイル生成することができます。 


QP Series

Multi-PetaByte Network Data Handling

ストレージベースのパケットキャプチャシステム

ハイパフォーマンスパケットキャプチャアプライアンス。キャプチャデータの高速ディスク書き込み(最大20Gbps)を実現し、CIFS/NFS/iSCSIマルチストレージプロトコルにも応。

Multi-Petabyteまで拡張可能。PCAPファイルの格納と検索を最適化。パケットロス無し、強力なパケット検索抽出機能、PCAPファイル圧縮機能、日本語対応でユーザーをサポートします。グリーンのシリコンバレーエコシステム 。


VoicePinger

Measuring Voice Quality

音声通話の品質測定を低価格で提供

携帯電話、スマートフォン、ソフトフォン、VoLTE、固定電話、IP電話等 さまざまな端末の音声遅延、接続品質(接続時間)、通信品質(POLQA)、伝送品質が簡単に測定できます。屋外での測定も可能です。


ネットワークアクセラーレーター

(NAPATECH A/S)

小型100GbE x 2ポートのネットワーク解析アクセラレータ「NT200A01」
昨今のデータ需要の高まりを受け、世界中の大規模データセンタではラックスペース不足のみならず、膨大な電力消費コストが生じています。NT200A011スロット、ハーフサイズでPCIフォームファクタに準拠した100GbE x 2ポートのネットワーク解析アクセラレータで、1Uサーバのソリューションに最適です。
またNT200A01は、世界最速パフォーマンスを有する100GbE解析アクセラレータNT100E3-1-PTPに比べ小型化、QSFP28を採用するなど、よりコストパフォーマンスの高いソリューションになりました。これによりデータセンタや通信業界における設置スぺース不足、高速データ収集の危機的負荷、およびコスト増加の解消を可能とします。

 

大辻尚

CTO

江口憲一

Founder and CEO

 
customers.jpg

World Wide Technology Inc.(米国)、 NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、                                                                 新日鉄住金ソリューションズ株式会社、ドコモ・テクノロジ株式会社、富士通株式会社、NECネッツエスアイ株式会社、             日本電気株式会社、NTTアドバンステクノロジ株式会社、東日本電信電話株式会社、NTTPCコミュニケーションズ株式会社、 株式会社日立製作所、日本IBM株式会社、Napatech  A/SCobham/Aeroflex plc.NECマネージメントパートナー株式会社、     ビッグローブ株式会社、NTTソフトウエア株式会社、株式会社野村総合研究所、株式会社三菱総合研究所、株式会社楽天、  株式会社TOKAIコミュニケーションズ、株式会社ネクストジェン、フュージョンコミュニケーションズ株式会社、          ネットワンシステムズ株式会社、都築電気株式会社、Viavi Solutions Inc.、営電株式会社、株式会社東陽テクニカ、      株式会社メリテック、アズビルセキュリティフライデー株式会社、株式会社ギガ、BTジャパン株式会社、          日本コーネット・テクノロジー株式会社、アイピーネットフュージョン株式会社、株式会社ディーエヌエー、        株式会社エムティーアイ(順不同)

5/2017

6月7日(水)〜9日(金)Interop Tokyo 2017(幕張メッセ国際展示場)に出展。

超低価格パケットキャプチャ装置、プロトコルシミュレータ、1G/10G/IPTV/Cable簡易試験ツール、レジデンシャルソリューションを展示します。

4/2017

オフィスを移転しました。テクニカルサポートオフィス(東京都八王子市)を開設。

3/2017

AFCEA TOKYO TECHNET TOKYO 2017に出展。

Training Day Session : Network Architecture for Packet Capture by fmad engineering.

1/2017

米国Valid8.com社と業務提携。

6/2016

FMADIO 100Gフルパケットキャプチャ製品がInterop Tokyo 2016 Best of Show Awardを受賞。従来製品の1/4以下の価格で提供。

68日〜610日において幕張メッセで開催されたInterop Tokyo 2016に出展。

FMADIO 100Gフルパケットキャプチャ製品、Napatechネットワークアクセラレータ、Nimbus DDoSホワイトハッカー検証サービス、QPキャプチャストレージ製品を展示。

2/2015

パケットキャプチャQP製品が、NICT(独立行政法人情報通信研究機構)が主催する“さっぽろ雪まつり”での実証実験の場で使用されました。東京―大阪―北陸間の100Gbpsのテストベッドネットワークおよびクラウド設備を用いて、8K超高精細映像素材を非圧縮のままストリーム型ビッグデータとして編集加工し、配信する実験に成功しました。

NICTプレスリリース >

9/2014

ラスベガスで開催されたCTIA's Super Mobility Week 2014で、ストレージベース・パケットキャプチャQP製品を出展。

6/2014

日経トレンディ7月号特集にVoicePinger製品が掲載されました。

611日〜13日、幕張メッセで開催されたInterop Tokyo 2014に出展。

5/2014

サンフランシスコで開催されたCiscoLive! 2014で、ストレージベース・パケットキャプチャQP製品を出展。

6/2013

日経BP社のITProに弊社の取り組み第2弾「LINE, comm, Skype無料通話サービスの実力を測定」の特集記事が掲載されました。 (623〜26日まで掲載)

6/2013

ローコスト10GトラフィックジェネレータQGをシリコンバレーで開発。米国最大手のSIer及び最大手の医療機関のデータセンターに納入。

5/2013

529〜31日において東京ビッグサイトで開催されたWireless Technology Park2013にて、Gleanブースを出展。

11/2012

日経BP社のITProに弊社の取り組み「LINEcommの無料通話サービスを検証」の特集記事が掲載されました。(1119〜21日まで掲載) 

10/2012

ストレージベースのフルワイヤスピード20G大容量パケットキャプチャQPシリーズをシリコンバレーで開発。日米のユーザーに納入。

6/2012

75・6日においてパシフィコ横浜で開催されたWireless Technology Park 2012にて、Gleanブースを出展。

6/2011

68〜610日において幕張メッセで開催されたInterop Tokyo 2011にて、NAPATEC A/S製品を出展。

Interop Tokyo 2011Best of Show Awardでグランプリを受賞。

7/2010

米国Newfield Wireless社と業務提携。

5/2010

東京オフィスを開設。

4/2010

Napatech A/S社と業務提携。

4/2010

米国カリフォルニア州シリコンバレー近郊にて、テレコム業界出身者等と起業。